ステルスなチラ裏的ブログ

自分の書きたいことを書くだけのただただチラ裏的ブログ

艦長シッセイのすすめ① 〜私はシーザーサラダを頼んでいません。失礼いたしました、ではこちらのシーフードサラダですか。私が頼んだのはポテトサラダです。〜

早速ですが皆さんはパラドックス装置というカードをご存知ですか?

 

f:id:Wurm_C_Engine:20170603064906j:image

Paradox Engine / パラドックス装置 (5)

伝説のアーティファクト
あなたが呪文を1つ唱えるたび、あなたがコントロールするすべての土地でないパーマネントをアンタップする。

 

もう一つ質問です。このカードによって強化されたデッキといえば?

まぁ、訓練されたEDHプレイヤーもしくは晴れ○屋の記事を読んでいる人なら真っ先に「アーカムダクソン」と答えるんでしょうね。自分だってそう答えます。

 

しかし陰ながらこのパラドックス装置はおろかパックが出るたびにほぼほぼの確率で強化をもらっている、そんな夢のような統率者がいることを皆さんはご存知ですか?

そう。タイトルでお察しのように艦長シッセイです。

 

f:id:Wurm_C_Engine:20170603070215j:image

Captain Sisay / 艦長シッセイ (2)(緑)(白)
伝説のクリーチャー — 人間(Human) 兵士(Soldier)
(T):あなたのライブラリーから、伝説のカードを1枚探す。そのカードを公開し、あなたの手札に加える。その後あなたのライブラリーを切り直す。
2/2

 

伝説のカード、まぁ要するに「伝説の○○(カードタイプ)」と書いてあるカード全般のことです。

伝説のカードは強力な効果を持っているんですがデメリットとして同名カードは1枚しか存在できないルールが存在します。しかし、ハイランダー構築(同名カードはデッキに1枚のみ)のEDHならなんてことはありません。

 

ではこの艦長シッセイというカードがいかに素晴らしい統率者なのかズッポリ教えます。

①色のチョイス

EDHはルールとして大雑把に「マナコスト,テキストに含まれる色のみでデッキを組む」というのがあります。(この辺のルールを詳しく知りたい人はwikiを見よう!)

シッセイを組む場合使えるカードは緑,白,緑白混色,無色(アーティファクトetc.)のカードとなります。

実は緑はEDHでは結構強い色とされています。白は強くはないんですが相手の妨害に長けているカードが多いです。

緑特有の大艦巨砲主義な動きをしながら白特有のバックアップor相手の妨害ができるこの色はまさしくEDHに向いている色と言えるでしょう。

②サーチ能力

EDHは統率者を除けば99枚のハイランダー構築です(無論基本土地は何枚でもok)。ですので欲しいカードを持ってこれるドロー,サーチ能力を持つカードは非常に重宝されるフォーマットになっています。

もちろん艦長シッセイも例外ではありません。しかもサーチ先が幅広いので土地を引けなかったら土地を、相手を抑えたいなら置き物を、攻めたいなら強力なクリーチャーをと必要な時に必要なカードを持ってこれるのがまた強いです。

③未来性が大きい

序盤で話しましたように色さえ合えば新しいパックの伝説のカードがそのままシッセイ強化に繋がります。なので、例え何かがEDH禁止カードになったとなっても代わりのカードが出ますしもしかしたら新しいカードと既存のカードでインチキコンボができるかもしれません。(シッセイ自身が禁止カードになったら?知らんな)

 

ここまでシッセイをワッショイしましたが、ここはシッセイを知るための場。デメリットも話さないといけませんね。というわけでデメリット

①EDH特有のヘイト←これ大事

EDHは多人数戦なのでいかにヘイト(周りから狙われやすくなる値?)をコントロールするかが大事になります。

が、シッセイはEDHにおいて凶悪なカードになりますので場合によってはスタートの時点でヘイトがカンスト状態になる可能性があります。俗にいう「3人に勝てるわけないだろ!」「バカヤロウお前俺は勝つぞお前(勝てるとは言ってない)」みたいな感じですね。

②能力の起動に自身をタップすることが必要

シッセイは速攻を持っていないので召喚酔いが発生します。ですので、他のカードによる補助がない限りは効果自体は次の自分のターンからになります。

このルールにとってはこのタイムラグが大きな命取り。他のプレイヤーから除去or妨害される可能性がかなり大きいです。やられたらほぼ自分の勝ちは無くなります。

しかもスタッツも2/2と全体除去で確実にやられる数値なのが痛いですね。

③デッキが高額

伝説のカードは強力なカードが多い、すなわち高額なカードが多いということです。(その辺はシッセイのすすめ②にて紹介する予定)

まぁ青が絡むデッキほどではないですし、やろうと思えば安く組むことも可能ですがシッセイで最高のパフォーマンスをしたいならかなりの出費が必要になるのでそこは覚悟してください。

 

とまぁさらっとシッセイについてお話ししましたがシッセイを使いたくなりましたか?

次の回ではシッセイと相性のいいカードをズラッと紹介しますのでもしシッセイを使いたい!って人は見て言ってください。

またこんど!

 

次回→ http://kusoblog.hatenablog.com/entry/2017/06/03/094103